前へ
次へ

腰痛で大変な目にあった話

釣りが好きなので休日等に釣りによく出掛けますが、自宅の近くに海がないので自動車を利用しています。いつものように好きな釣り場に到着をして、友人達と朝から魚を釣ったり、海を眺めながら会話をして楽しんでいました。魚が釣れなくなってのんびりしている時に、いきなり竿が海の方向に引っ張られたので、焦って竿を掴んだ時に腰に激痛が走りました。それまで腰痛になった経験は少なかったので、とてつもない痛みに涙を流しながらリールを巻いて、友達にサポートをして貰う形で大きな魚を釣り上げましたが、その時には立てない状態になりました。友人に症状の説明をすると、ぎっくり腰じゃないかと言われて、確かに自分でもそのように感じたので、友人に担がれながら、最寄りの病院に連れていって貰いましたが、車中もとても痛かったです。医師の方が診察をしてくれて、急性腰痛症と診断されました。楽になる姿勢を教えて貰い、症状が少し緩和した段階で帰宅しましたが、友人が居なかったら、どうなっていたのかと考えると腰痛は非常に怖い病気だと思います。

Page Top