前へ
次へ

椎間板ヘルニアでの腰痛の治療方法

人の体には多くの骨があり、骨と骨をつなぐ部分などは曲げることができます。腕や足などには大きな骨同士がつながっていますが、首から腰に掛けては小さい骨がたくさんつながっている状態です。直角には曲げられないものの首を回したり背中を丸める姿勢が取れるのもこのためと言えるでしょう。小さい骨と骨は直接つながっているわけではなく軟らかい成分が間に入っています。良く使ったり加齢によって少しずつ柔らかい部分が減ってくると骨の変形が起きたりします。腰痛がひどいので診察してみると椎間板ヘルニアと言われることがありどうやって治療するのか気になるかもしれません。小さい骨と骨の間の成分が減ったりして変形し、その周りにある神経が刺激を受けて腰痛として出てしまいます。ひどいときには手術をすることもありますが通常は保存療法と言ってその状態を維持しながら痛みが出ないようにしていきます。骨を動かすと痛みが出やすくなるので、コルセットなどで固定する方法を取ることが多いです。

Page Top